ヴァイオリニストの宮本笑里は父親も音楽家。バイオリンの実力と医者と噂の旦那と子供について

画像引用:https://saisin-news.com/

音楽家を親に持つ子供の多くが、幼少のころから音楽に触れ、大人になって自身も音楽の道に進む方が多いようですが、ヴァイオリニストの宮本笑里さんもその一人。

宮本笑里さんはソニー・ミュージックアーティスツに所属していることもあり、音楽バラエティ番組などに出演することもあります。

以前はNEWSZEROで、カルチャーコーナーのキャスターとして、毎週火曜日に出演いましたね。

今日はそんな宮本笑里さんについてお送りしたいと思います。

ヴァイオリニストの宮本笑里は父親も音楽家。

1983年12月7日に生まれたものの、生後2週間という速さでドイツで過ごすこととなった宮本笑里さん。

画像引用:http://beauty-cdn.oricon.co.jp/

現在の年齢は33歳です。

そして宮本笑里さんのオーボエ奏者であり指揮者でもあった宮本文昭(みやもと ふみあき)さんです。

画像引用:https://www.asahi.co.jp/

笑里さんの父がどれだけすごい方かというと

ドイツの有名オーケストラの首席オーボエ奏者を歴任するなど、超絶的技巧を持つ世界的名手
http://jinsei-navi.com/532.html#i

とのこと。

また、笑里さんの父親の父親、つまり笑里さんの祖父も音楽に関係していて、お祖父様はテノール歌手だということです。

宮本笑里さんの家系は祖父、父親、子供と音楽関係者が続いています。

もしかしたら、宮本笑里さんの子供さんもいずれは音楽の道へ進むかもしれませんね。

音楽を始めたきっかけは?

彼女がヴァイオリンを始めたのは7歳(小1から小2あたり)からとのこと。

画像引用:https://potaru.com/

しかし、もっと早く始めている人もいて、3歳くらいから習っている方も多いですよね。

一般的には子供の希望というより、将来はこうなってほしいという思いから、親が習わせ始めたりすることが多いと思います。

宮本笑里さんの場合は少し違っていて、習い始めたのはお友達の影響だったそうです。

それについて父である文昭さんはこうコメントしています。

お母さんは大賛成だったそうですが、音楽家である父・宮本文昭さんは、音楽家であるがゆえに、“楽器をいいかげんな気持ちでやられるのが嫌だった”と言います
http://jinsei-navi.com/532.html#i

笑里さん自身は最初の入り口が友達の影響かもしれませんが、音楽の道へ進もうと思ったのは、やはり父や祖父といった環境が影響していると思われますよね。

兄弟や家族は?

ところで、笑里さんにはお姉さんがおり、2010年11月に結婚しているそうです。

画像引用:http://trend-radio.com/

笑里さんにはお姉さんの結婚を祝うための曲があるそうですよ。

笑里さんの公式ブログでは、家族で食事会へ行ったことなど、ご家族との仲の良さがを知ることができます。

産んでくれたこと、たくさんの優しさ、大きな愛に包まれ、親の存在がどれほど偉大で大きいものか、改めて、感謝の気持ちでいっぱいになりました。
https://ameblo.jp/emiri-miyamoto/entry-12211186608.html

こんなこと言われたら、お母さんは嬉しくて幸せで、感激してしまいそうです。

バイオリンの実力と医者と噂の旦那と子供について

さて、そんな宮本笑里さんのバイオリンですが、実力はどうなのでしょう?

画像引用:http://www.sma.co.jp/

もちろん、プロのヴァイオリン奏者ですので、実力はありますよね。

では、評判の方はどうなのでしょう?

いろいろと探してみたんですが、評価は別れるところがあります。

もちろん、バイオリンが超絶うまいと言っている人がいます。
バイオリンのプロなので、うまいのは当然だと私も思います。

しかし中には、下手だと書いている人もいます。

おそらく、好みの問題ではないかと私は思うんですよね。感じ方は、人それぞれですからね。

のだめカンタービレで聴ける

もし聴いたことがなかったら、宮本笑里さんのバイオリンを聴いてみたいですよね。

画像引用:http://news.livedoor.com/

実は笑里さん、ドラマに参加しています。

上野樹里さんが主演の、のだめカンタービレです。

実はこれ、宮本笑里さんがデビューする前の話で、2006年のことです。

その役は、主役でも脇役でもなく、オーケストラメンバーとして演奏をしていました。
いわゆるエキストラです。

画像引用:http://12vln.jugem.jp/

しかも、オーケストラということは大勢人がいるということになり、その中の1人ということです。

しかし、エキストラと言っても誰にでもできる役ではありませんし、ドラマのだめカンタービレの中で彼女が演奏しているバイオリンパートは、第一バイオリンです。

第一パートは実力がなければできませんので、多くの演奏者の中で、もっともバイオリンの実力があると判断されていたことは間違いないですね。

さて、ではDVDを借りてきたらドラマに出ている笑里さんの姿が見れるのか?と気になりますが、実は、演奏はしていますが、はっきりと映っているシーンはなかなかありません。
しかし、小さくても宮本笑里さんの姿を確認することができます。

画像引用:http://freesence-type2.blog.so-net.ne.jp/

ぜひご覧になってみてください。

見ていると宮本笑里さんは本当にかわいい女性です。
お顔もそうですが、仕草などからも、かわいい雰囲気が伝わってくるんです。

また、楽曲は2007年4月18日にリリースされたVarious Artists「のだめカンタービレ ラ・フォル・ジュルネ セレクション」スラヴ幻想曲でお聴きください!

結婚してる!

実は宮本笑里さんは、2012年8月に結婚をしています。

ですので、宮本というのは旧姓で、現在の名前(本名)は公開されていません。

そのお相手の男性は一般の人で、彼女より4歳年上の人なのだそう。

入籍から2か月後の2012年10月、笑里さんは結婚式披露宴をあげました。
笑里さんはすでにデビューしていましたが、結婚式には芸能人は呼ばず、身内だけのアットホームな結婚式だったそうですよ。

画像引用:http://bikuchan.com/

宮本笑里さんを虜にした男性の姿をぜひ見てみたいと思ったのですが、残念ながら情報は出ていないようです。

彼女が彼のことを公にしないようにと、いろいろと配慮しているんだと思います。

でもきっと、結婚相手の男性は素敵な人なんだと思います。

憧れの純白のウェディングドレスが似合っていて、宮本笑里さんはお美しいの一言です。

旦那は医者なの?

結婚された宮本笑里さんの旦那さんについてですが、ご主人が医者をしているというがあります。

画像引用:http://dailytaurus.co/

ただこの噂、囁かれているものの、夫が医師だという断定的な理由は見つからなかったです。

笑里さんの旦那さんの職業は、公になっていませんね。
もしかしたら同じ音楽業界の方かもしれません。

せめて顔だけでもと思って画像検索してみましたが、この人が旦那だという確実な画像は見つかりませんでした。

実は俳優のえなりかずきさんが宮本笑里さんの元彼だという噂や、旦那さんだという噂があります。

画像引用:https://matome.naver.jp/

しかしこれは噂だけのようで、実際に彼女とえなりかずきさんが付き合っていたという情報は見つかりませんでした。

えなりさんにはちょっと幸せな噂ですよね。

可愛い子供!

宮本笑里さんには現在、子供が一人いるようです。

2013年12月13日に、公式ブログのアメブロで妊娠を発表しました。

そして翌年の2014年5月第一子を出産しました。

性別は女の子ですので、長女ですね。

年齢現在3歳かと思います。

名前は非公開にしていますが、インスタグラムで後ろ姿などをアップしています。

また、Twitterでも娘さんとのちょっとしたエピソードなどをつぶやかれることがありますので、今後もチェックしてみてくださいね。

笑里さんが今後、二人目、三人目と出産するかどうかわかりませんが、ご家族みなさん、健やかに過ごせるよう祈っています。

宮本笑里についての情報!

宮本笑里さんのSNSは、インスタグラム、ツイッター、公式ブログ(アメブロ)がありますね。

コンサートは宮本笑里 10周年記念リサイタルツアー2017や全国各地でホールコンサートが予定されています。
チケット料金はホールコンサートで5千円前後が多いようです。

オリジナルアルバムは今現在では6枚出していて、その他のアルバムは4枚、合計10枚をリリースしています。

しっかり集中して聴くのもBGMで聴くのにもピッタリの素敵な音楽です。
ぜひ一度、聴いてみてくださいね。

まとめ

この記事のまとめです。

    • ヴァイオリニストの宮本笑里は父親も音楽家。

音楽家の家系に育った宮本笑里さんですが、音楽を始めたのは自分の意思で、友人の影響だったそうです。
SNSなどの情報を拝見すると、本当に素敵な家族に囲まれて育ったことがわかります。詳しくは本文をお読みいただけたらと思います。

    • バイオリンの実力と医者と噂の旦那と子供について

のだめカンタービレのオーケストラとして演奏をしていたのはデビュー前のことです。バイオリンの実力を認められ、その後、アルバムなど10枚の作品をリリースし、コンサートも精力的に行っています。

小学生でヴァイオリンを始め、今ではプロとして活躍している宮本笑里さん。病気で大変な時期もありましたが、それも乗り越え、現在は再びコンサートツアーも行っています。幸せな家族に囲まれたバイオリニスト・宮本笑里さんの今後が楽しみですね!







音楽家

Posted by Sato